がん検診の利益・不利益等の適切な情報提供の方法の確立に資する研究班
がん検診の利益・不利益等の適切な情報提供の方法の確立に資する研究班

子宮頸がん

子宮頸がんに関する全国や都道府県別のがん検診データをご紹介しています。

01都道府県別の子宮頸がん検診データ

02全国の子宮頸がん検診データ

1精検受診率(20〜74歳)検診で「要精検(がん疑いで精密検査が必要)」となった人のうち、精密検査の検査結果を市区町村で把握できた人の割合です

出典:地域保健・健康増進事業報告(e-Stat 政府統計の総合窓口)

2精検未受診率・未把握率(20〜74歳)精密検査が未受診であることが明らかな人(未受診)の割合と、精密検査受診の有無または精密検査結果を市区町村で把握できていない人(未把握)の人の割合です




出典:地域保健・健康増進事業報告(e-Stat 政府統計の総合窓口)

3市区町村が実施すべき各項目
(精検受診率向上対策)の実施状況(2019年度)「事業評価のためのチェックリスト」(市区町村用)において、精検受診率向上対策として上げられている項目について、各項目を実施している市区町村の割合

は全国の実施市区町村割合

出典:全国がん検診実施状況データブック<2020>(国立がん研究センター)

どうすればがん検診の質を高められるのか?

がん検診の質を高めるため、精密検査の評価で大事なポイントである「精検受診率」「精検未受診率」「精検未把握率」の3つについて解説し、それぞれの目標値や改善方法について解説しています。